中年おばちゃんの悪あがき

リストラされそうな中年おばちゃんの、悪あがきの日々

投資を始めて後悔したこと

中年おばちゃんは2018年2月から投資を始めました。

始めてから1つだけ後悔した事があります。

それは・・・

なぜもっと、早く始めなかったのか!という事です。

 

過去の記事にも書きましたが、

おばちゃんの過去は、自分で言うのもなんですが、波乱万丈でした(もっと苦労してる方はたくさんいらっしゃるという前提でお話しします)

①女に生まれた

②新卒の就職活動時が、就職氷河期だった。

③若いころ勤めた会社が給料遅延の後に倒産した。

リーマンショック時に体調を崩して、失業した。

⑤婚活して100人以上の異性に会ったが、結婚できなかった。

⑤現勤務先でリストラが行われ、なんとか生き残れたが地獄が待っていた。

おそらく現勤務先も、長くはもたない

 

ちょっとオカルト的な話になりますが、上記の出来事は「投資」という手段に早く気づけというサインでした。

逆に言うと、今の自分になる為には、これらの出来事が必要で必然でした。

投資をやって、そう思えるようになりました。

 

だから、苦労してきた女性にこそ、投資をやってほしいのです。

仮に、一人のシングルマザーがいるとします。一人で子育てを頑張っています。

経済力がなく(その女性が悪いのではありません)、食べていく為に暴力男と結婚する。その男が連れ子を虐待する。

そういった事が今のこの日本で起きているのではないですか??

女性こそ投資を勉強するべきですし、女性の方が投資に向いています、山っ気を出しませんから。

株式市場では、就職氷河期も、男も女も、老いも若きも関係ありません。全員が機会の平等を与えられています。

 

叩けよ、さらば開かれん。求めよ、さらば与えられん。