中年おばちゃんの悪あがき

リストラされそうな中年おばちゃんの、悪あがきの日々

2017年のリストラ(リクルートの再就職支援面談2回目)

皆さんこんにちは。

2017年のリストラ記事、第4弾です。

前回で営業本部長との面談を済ませたおばちゃん、勤務先の面談が終わってから来てほしいと言われた、リクルートさんに二回目の訪問アポを入れました。

1回目のリクルート面談の時に担当して下さった方を仮にAさんとしましょう。Aさんのメールアドレスはゲットしておりましたので、直接Aさんにメールしました。その時は退職を決定しなくても相談を受けてもらえると思っておりました。職務経歴書を添削してほしいこと、再就職支援の転職先はどんな所があるのかを教えてほしいと伝えました。

でも伺って、それは無駄足だった事が分かりました。退職することを決定し、リクルートのIDを発行しなければ再就職支援の転職先の求人は見せる事ができない事、施設を利用することが出来ない事が分かりました。うーん、早くはっきりと言ってほしかった。

面談担当のAさんの給料体系もよく分かりませんが、面談を何コマこなしたという事は評価の対象にならないような事をはっきりとは言いませんが、なんとなく言っていました。リクルートのIDを発行して、評価の対象となるようです。

おばちゃんは次の会社に内定を頂いていないのに退職するという選択肢がなかったので、リクルートさんに伺うのはこれが最後になりました。

Aさん、その節はお世話になりました。