中年おばちゃんの悪あがき

リストラされそうな中年おばちゃんの、悪あがきの日々

サラリーマンの恩恵と個人事業主の恩恵

f:id:chuunen-obachan:20190818160858p:plain

皆さんこんにちは。

前の記事で書いた、ブログの先生ですが、サラリーマンもされているようなんですね。よくタイムマネジメントができるもんだと思います。睡眠時間何時間なのか??

 

でも、おばちゃんの目指すところも、サラリーマンと個人事業主というスタイルです。

サラリーマンの恩恵 

まず、サラリーマンの恩恵を考えてみたいと思います。

●年に一度健康診断が無料で受けられる(一部負担がある方もいらっしゃるかもしれません)

●社会保険料を会社が折半で負担してくれる(将来的に給付がどうなるか分かりませんが)

●福利厚生がある(割引で商品が買えたり、安く旅館に泊まれたり)

●財形がある(銀行の普通預金よりははるかに金利がいい)

●勤続何年という事が信用となり、カードが作りやすい

●アパートを借りるとき、信用されやすい

こんな感じでしょうか・・・次に個人事業主の恩恵について考えてみたいと思います。

個人事業主の恩恵

●頑張れば収入が青天井

●確定申告ができる(必要経費として税務署に認められれば、経費として落とせる)

●仕事をやらされてる感がない(1番目とかぶりますが)

今思いつくのはこのぐらいです。なぜならおばちゃんは、その立ち位置に立った事がないから(笑)

2つのメリットを生かして

上に挙げた、サラリーマンの恩恵と個人事業主のメリットを生かしたいというのが、おばちゃんの野望であります。実際にその立ち位置に立った時に、「あ~こういう景色が見えるんだ」という経験を早くしてみたいものです。

なぜそう考えるのか

●今後雇用環境が悪くなる事が予測される

(20年前から見て雇用環境が良くなったようには思えません。働く人の能力が落ちているからとは思いません。求められる能力のハードルはどんどん高くなっています。例えば、ブラインドタッチは昔はタッチタイピング技能として手当が出たそうです。でも今はできて当たり前)

●どんなに大企業に勤めても、45歳をすぎるとリストラ対象となる可能性が高くなる。

●退職金が減額される可能性がある(そもそも退職金制度がない会社が増えています)

リスクの分散を考えて

上の予測を踏まえて、会社員の給料の収入源一つだけでは、リスクしかないと思います。リスク管理という意味で、収入源は多ければ多いほど良いと思いますね~。投資でもいくつかの銘柄に分散するのと同じです。

良いパートナーを見つけられた人はいいですね。二馬力で頑張れますよね。それだけでリスク分散になりますし、色々話し合って問題解決していけますからね~。

 

おばちゃんは、サラリーマン+個人事業主になるべく頑張ります・・・と言っても、いきなりホームランは打てません。ちょっとずつ出塁できるように努力します💦