中年おばちゃんの悪あがき

リストラされそうな中年おばちゃんの、悪あがきの日々

投資には忍耐力が必要

f:id:chuunen-obachan:20190818154919p:plain

皆さんこんにちは。

本日は投資に必要な心構えというと大げさですが、こういう風に思っておくと気が楽だよ、みたいなものを書きたいと思います。投資歴1年半の自分が書くのは生意気ですが、お付き合いくださると幸いです。

始めて1年間くらいはずっとマイナスだった

私はNISA口座で投資信託を3銘柄、積立で購入しています。今ではトータルリターン3パーセントくらいになりましたが、始めてから1年間くらいはずっと元本割れしていました元本保証の銀行預金しかした事がない私でしたから、元本がマイナスになるという事に全然慣れていませんでした。とてもとてもストレスでしたね。でも投資の先生が「下がった時ほど仕込み時だ」と言って下さって先生の言葉を信じて今に至ります。

基準価額が下がった時が仕込み時

投資信託の価格の事を基準価額(きじゅんかがく)と言うのですが、基準価額は毎日変動します。投資信託は株のように、購入する時指値(さしねと読む。この価格で買いたいと金額を指定すること)ができません。前日の価格で買う事になります。ですので、淡々と積立投資する事が結果として平均取得価格を下げる事になります。

 

例えば、毎月20,000円の積立を設定した銘柄があるとします

  •  基準価額が7,000円の時は、28,571口購入できる
  • 基準価額が6,000円の時は、33,333口購入できる
  • 基準価額が5,000円の時は、40,000口購入できる

以上の事から、基準価額が下がれば下がるほど、たくさん購入できることとなります。

マイナスだからと言って一時的な物なら悲観する必要はない

これは人生と同じですね。その部分だけ切り取ればマイナスですが、後から見ればあのマイナスがあったから今があると思える時が来ます。きちんと決算書を見て良いものを選ぶ事だと思います。

ぜひご自身と性格の合うFPもしくは投資の先生を見つけてほしい

ファイナンシャルプランナー全員が投資をやった事があるかというと、そうとは言い切れないです。

それから投資をやっているファイナンシャルプランナー全員が結果を出しているかというとそうとも言い切れないです。

ご自身の目で信用できる人を見つけて下さい。「堅実な投資をやって金融資産を作りましょう」という投資の先生は、必ず信用をつける為にFPも取得していることが多いです。

ご自身で金融リテラシーを身に着ける事が、これからの世の中を生き抜く為に大事ではないですか?