中年おばちゃんの悪あがき

リストラされそうな中年おばちゃんの、悪あがきの日々

新入社員の貯蓄

f:id:chuunen-obachan:20190818154919p:plain

皆さんこんにちは。

おばちゃんの会社、新入社員を採用したんですね~

この状況でなんで新卒をとるのか・・・

ま、それは置いといて。

 新入社員に今後の貯蓄はどうしたらいいのかと聞かれたら

 

皆さんも、新入社員に給料の何パーセントを貯蓄したらいいのかと聞かれる事多いと思うんですよね~

ズバリ一言で答えるなら、新入社員のうちは、貯蓄に励まなくていい!と言いたいです意外ですか??新入社員のうちから、しっかりと貯蓄するべきと回答するとお思いでしたでしょうか?

 なぜそう思うか

 

理由を書きます。

  • 新入社員で初任給が出たら、入社する時に身元保証人(会社によっては連帯保証人のところもあります)になってくれた方にプレゼントを買う人が多いと思われる
  • 親にプレゼントを買う人が多いと思われる
  • スーツや喪服(お葬式はいつあるか予測がつかない)を揃えなければならない

上記のように色々とお金を使わなければならないと思います。

長い目で見て、自分の貯蓄ばっかり考えている方は20年後お金がたまっているかというと疑問です。

どのような人が20年後、貯蓄ができている傾向があるか

 

  • お世話になった方にきちんとお礼をする
  • 実家から通っているならきちんと食費として家に入れる。突発的な家の修理などあったら気持ちばかりでも自分も負担する(家族とよく話し合う)
  • 親の誕生日、父の日母の日を祝ってお金を使う

上記のような人がが20年後、きちんと貯蓄も出来ているという傾向があると思います。あくまでもおばちゃんの周りを見ての分析ですが。

 金額の多寡でなくてまずは少額でも継続する事を考えよう

 

  • まずは貯蓄用口座を作ろう。
  • 月1,000円でも3,000円でもいいので継続してみよう。
  • 貯まって来ても決して手をつけない貯蓄用口座にしよう。
  • 突発的に結婚式などがあっても手をつけないと固く誓おう(25歳くらいになると結婚式が多くなると思います。突発的な予備費口座は又別に作っておくといいかもしれません)
  • 入社2年目からは住民税が天引きになるので1年目より手取りは少なくなる可能性がある事も、心の片隅に置いておこう。

金額の多寡ではなく継続することが貯蓄は大事なんですね。継続できた事が自信になりますから。

落ち着いて来たらお金の勉強をしよう

勉強は今すぐ始めてもいいです。私はイデコをオススメしますが、銀行預金が全然ないのにイデコをやるというのは本末転倒です。いつでも始められるように勉強をしておくというのはいいと思います。