中年おばちゃんの悪あがき

リストラされそうな中年おばちゃんの、悪あがきの日々

富裕層とは?

f:id:chuunen-obachan:20190818111917j:plain

画像は2億円の画像にしてみました。札束の冊数を数えてないので裏をとっておりません。一束500万円に見えますので20束あるかどうか・・・なんか20束以上あるように見えるんですけどね・・

 

皆さんこんにちは。

よく私のブログに出てくる「富裕層」という言葉ですが、何をもって富裕層というのか?今日は考えてみたいと思います。

野村総合研究所によって定義されている

  • 超富裕層・・・世帯の金融資産が5億円以上
  • 富裕層・・・・世帯の金融資産が1億円以上

この金融資産1億円以上の世帯を富裕層と言うらしいです。注意が必要なのは、不動産・車・美術品などは含まないという事です。

野村総合研究所とは

東京都千代田区大手町に本社がある、日本の最大手シンクタンクです。

 

個人的には富裕層の金融資産にちょっと疑問を感じる。

 

その理由は・・・

  •  金融資産1億円って・・・高度経済成長期のサラリーマンでも結構達成できそうな感じがするんですよね。(私は無理ですよ💦)高度経済成長期は銀行金利が良かったから。定期預金が7パーセントの金利であれば10年と半年くらいで元金が倍になるわけですからね。
  • 1億あったとしても、1億すべてを投資できるわけではないから金融資産から得られる収入は少ない。堅実にやるならせいぜい投資に回せるのは2,000万円かな。2,000万円を10パーセント利回りで税込200万円。これで富裕層と呼べるのか??

決してねたんでるわけではなく、富裕層の定義の検証ですよ💦

では、個人的に考える富裕層は、金融資産いくらからか?

うーん、最低、金融資産2億でしょうな。

そう考える理由

  • 2億あれば、1億は現金で残しておき、残りの1億を投資に回す。10%出せれば税込年収1,000万円の人が出来上がる。
  • 個人的に、働かなくても食べていける人(お金の心配をしなくていい人)が富裕層の最低レベルだと思われる。

まとめ

ま、金融資産1億円なんて、私にとっては夢のまた夢・・・一万円札が10,000枚ある所なんか想像できませ~ん。誰か画像の札束の冊数数えて下さい。本当に2億あります?途中まで数えたけど、面倒になって辞めた。

・・・という事で世の中では、金融資産1億円以上が富裕層という事でした~(雑なまとめですみません💦)

富裕層を目指すのは自由だが、道のりが遠すぎて目指す気になれないという現実・・・

今は夏で気温が暑いしね~(関係ないか)

決して野村総合研究所さんの定義に物申す!的な記事ではないので、念の為。